S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
But you're so far away
by dec5hiro

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ANAN RYOKO
ANAN RYOKO

ハウスミュージックではないのだけど
ピアノの澄み切った音に程良いベースとメロウな運びが心地よい。
Another Begining」の出会いが衝撃的だったのだけど
ここ最近の「Eternal Light」が堪らない。

なんだろうか。
夏にこのアルバムに出会ったのが良かったのだろうか。
もともと彼女のことは全く知らなかったのだけど
知り合いのイベントプロデューサーが教えてくれ、
それからハマってしまった。

秋から冬にかけてはドンピシャだと思う。
切なさと恋しさとが入り混じるような遠い日の思い出。
不思議とオシャレで、それでいて透き通っているような
耳に心に空気に心地よい音を聴かせてくれる。
まるで、言葉にならないような想いを一曲に閉じ込めてくれたような。
切なくて、魅力的で、それでいて穏やか。

次のアルバムが耳に届くのはいつになるのだろうか。
待ち遠しいような、楽しみなような。
[PR]
by dec5hiro | 2011-08-25 21:48 | Music
入眠について
ここ最近の入眠はどうもよくない、と思う日々。
近親者の命が近いうちに終わってしまうんじゃないかと
考え始めては泣いてしまう。
理由が分かれば多少はコントロールも出来るんだろうけど。
詳細不明のまま毎夜のように中途半端な入眠を繰り返す。

近親者の命、というものがどういう意味を持つんだろう、と
入眠の寸前で考えては見るものの
全くと言っていいほど的確な意味は見つからないまま
朝になって昼が過ぎて夜になる。
ここ3年くらいの時間の早いこと、早いこと。
今夜もこれを書き始めてから終わるまで、
色んなことを手につけながら考えながらだから
結局目標時間を大きくずれ込むのだろうし。

近親者の命が危うくなることなんて
一昨年までは何も考えたことがなかったからだろうか。
一昨年の夏をhiroはきっと一生忘れないだろうからか。
とはいえ、あの人はもう元気なのだし
命の短さを感じるようなことはここ最近ないんだし
少し気持ちを落ち着かせて考えてみれば入眠が難しいなんて
そんなことはないはずなのだけど。

いっそのこと長い休みを取って
リゾート地でのんびり読書して
気持ちを落ち着かせる休暇を取りたいもんだと思う。
夢のまた夢。入眠するのが先か。
では、またねん。
[PR]
by dec5hiro | 2011-08-23 21:08 | Soliloquy
究極の逃げ場
海外旅行に行きたいなぁと、ふと思い立ってはみたものの、
思い切り逃げ場のないサラリーマン真っ只中。
夏が嫌いなので夏は遠出せず。
9月になんとか連休を作れないものかと思案した揚句、
一人でフラリと海外に行きたくなりました。
ただし5連休、行き先未定、無計画なう、そんなステータスです。

久しぶりにBlogに手をつけようと思ったのは、
最寄りの逃げ場がココだったという意味だと思う。
それなりに無駄な悩みもあるのだけど、
だいたい周りの人間も同じように悩んでいるもの。
口に出さずに平気な顔して毎日を過ごしているのだから
なかなか言葉にできなくなる。

とはいえ久しぶりすぎてうまく言葉がでてこない。
最近、基礎学力が弱いなぁとか、若年性痴呆気味なんじゃないかとか、
やや脳が退化しているような気がしてならない。
自分の人生に無責任に生きてきたことの代償。

遠距離恋愛中になっている、本という名の彼氏に
またどっぷり浸かる生活に戻らなければと思うのだけど。
なぜだか活字が頭に入ってこないという…
少しずつ自分を取り戻せますように。。
では、またね。
[PR]
by dec5hiro | 2011-08-20 01:40 | Soliloquy