S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
But you're so far away
by dec5hiro

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
恋愛小説の主人公への感情移入
本にお金をかけていると
気付かないうちにお財布の中の諭吉さんが
あたしに断りも無く姿を消してしまう。
いわば神隠し。
一種の怪奇現象。七不思議。ミステリー。
サスペンスとまではいかないけど。

それに気がついて、そして本を読んで自分に10%くらいの
還元が出来るような本を多く読みたいと思うようになって、
読む本をなるべく実用的な本に絞ってきた。
買わなくなった本は沢山ある。
雑誌を買わなくなった。
メイクのための本も買わなくなった。
アクセサリーやネイルみたいに、自分の外見を飾るための本も。
そして人の心の中を盗み見るような、
ある種の覗き見のような恋愛小説も買わなくなった。
昔とっても好きだったファンタジーも手に取らなくなった。
変わりに、ビジネス書や新聞や資格取得のための本や、
自己啓発、金融、時事問題なんかが書いてある
難しそうな本にお金を出すようになった。
そうすると、不思議と怪奇現象も納得できる気になる。

最近、一緒に働く二人がハマっているというから
話のネタに、と思って恋愛小説を借りた。
今も昔も変わらない、他人の恋愛を盗み見るような感覚。
あたしは、恋愛小説の主人公に感情移入するということが
どちらかというと苦手だったけど、それも今も昔も変わらない。
読んだ後、本にお金をかけるというのは
時間とお金がかかって、それでいてローリターンな投資だと感じた。
恋愛小説自体に対する感想は言及する必要も無い。
感情移入はなかなか思うようにいかないし、
貸してくれた二人がいうような心がキューンとなる感じも正直感じなかった。
自分の恋愛で感情表現が下手だと、
恋愛小説の主人公にも感情移入がしにくくなるんだろうか。

人の恋愛は心に残らない。昔より、ずっと最近はそう思う。
人の事を簡単に信用しないからかもしれない。
自分のことは他人にはわからないと思っているからかもしれない。
むしろ簡単にわかる、と言われると躍起になって反対したくなる。そんなはずない、と。
本ならなおさら。自分には残らない。
こんな恋愛の形もあるよね、とか
こんな恋愛できるほど女ってバカなんだろうか、とか
そんな冷たい視点でしか読めなくなってしまった。

むしろ、彼女たちの感じ方は素直で正直で真っ直ぐなのかもしれない。
あたしが単にひねくれてるのかもしれない。
誰がそんなこと決めるんだろう。ミステリーだ。
でもそんな風に、一度でいいから他人の目を借りて
他人の視点で物事を見てみたい。
そしたらこのミステリーも少しは光が見えるかもしれない。
[PR]
by dec5hiro | 2009-01-30 23:13 | Soliloquy
ミスト
ミストみたいな夜だと思った。
心が疲れてるとか、心に翳りとか、心ここにあらずというわけではないけど。
確かに、心を洗って欲しいと思ってるときの雨に感謝したりするけど
今日の雨はそれとはだいぶ違ってた。
自分の中の心の霧みたいだった。
肌にシットリ残るような、嵐の前の静けさのような。
それでいて、ずっとこのミストが続くとは誰も思わない。
雨が降れば傘をさすし、朝が来れば日が昇る。
それは理由を必要としない、必然と同じ。
偶然にも、今夜がミストみたいだっただけ。

過去に縛られると、未来へはいけない。
そんなときはミストを生温いとしか感じられない。
自分を過去に縛り付けてたのは、他でもない自分なんだと
気付けば事は一瞬にして形を変えるし、
空からも風からも人の流れからも、冷たさが消える。
未来は気付けば自分が歩いていける場所ではない。
特にこんな不安定で日々綱渡りのような世の中では
簡単に未来像を描けなくなる。描く未来に対する期待もない。
でも、その未来に行けるのは自分だけだと、気付かなきゃいけない。
未来に行くには、過去を解放してあげること。
自分の過去を認めて、人の過去を認めて
そしてそれを否定しないこと。

あたしの好きな言葉にこんな言葉がある。
「真の理想主義というのは
 他人を知り、世間を知り、
 結局それを軽蔑しない事である。」
中学を卒業するときに、あたしを生んだ人があたしにくれた言葉。
締め括りは、「いつかこのことについて話そうね」というものだった。
そして、その約束はまだ果たされてない。
果たす前に、あたしはその人の元を離れてしまったから。

他人を知り、世間を知り、結局それを軽蔑しない。
正直、このハードルは高すぎるんじゃないかと思う。
不可能を可能にする、という次元の問題でもない。
でも、このハードルの高さがいつまでも同じである、とは思わない。
実際、あたしの中のこのハードルは上がったり下がったり
時には幅を増したりもする。

それを受け入れればいいだけのことなんだと、思う。
軽蔑しない、ということは今のあたしにはまだ出来ない。
未来のあたしにも出来ないかもしれない。
わかってるのは、理由なんて必要じゃない。
あたしが存在するのも、過去があるのも、すべて必然だということ。
[PR]
by dec5hiro | 2009-01-29 21:45 | Soliloquy
K-20
観て来ました。今年初の映画。
なんと邦画をチョイス。
hiroはどーも、邦画にお金を払うのは好きじゃない。
というのも、いつも日本語の会話を生で聞いてるのに
どうして日本語の会話で繰り広げられる物語にお金を払うのか
あまりシックリこないから。
ドラマもまた然り。日本語の会話だらけなので観る気がしません。

今回は連れて行ってくれるって人がどうしても見たかったらしく
連れて行ってもらって、おごってもらいました。
そんで観たのがK-20

さほど期待もしてませんでしたが、
まぁまぁ面白かったような。。。
・・ていう程度でした。やっぱり邦画は心のそこから楽しめません。
 #主役の金城くんが日本語棒読みなのはどうして?

でも邦画をメインで楽しむムービーウォーカーには
楽しめる作品なのかもしれません。
もうちょいサスペンスちっくでもよかったかも。
面白いはおもしろいんだけど、詰めが甘いというか。
お金も結構かかってるはずなんだけどね。
ん~。やっぱり映画は洋画が好きです。
では、またね。
[PR]
by dec5hiro | 2009-01-25 15:12 | Movie
基礎体温
年末に高校の部活のパート同期と再会した。
青春時代の限られた時間の中で、同じ志を持って
暑い日も寒い日も毎日同じように楽器に向かってスティックを振った4人。
音を楽しむということ、人を楽しませ、心を動かすということが
必要であり、目標であり、願いだった。
あの頃の一生懸命さや個々の輝きはそれぞれ違う方向に向けられるようになったけど
一人ひとりの心に根付くものは消えずに残っている。・・と思う。
あたしにとっては人生の中で無くてはならないとても大切な人たち。

女の子が集まってする話というと、年とともに内容も濃くなってくるけど
その中で体調の話になった。
生理の不順というものは結構みんな悩んでいるようで。
同期の中でもあたしの登下校をほぼ3年間ともにした子が
基礎体温を測っていて、とにかくそれがわかりやすいんだと。
何がどうわかりやすいか?と聞くと
自分の体がどうなってるかが数字になって現れてるので
論より証拠、とにかくやってみろ、と言われ
その場の雰囲気のまま4人でドラッグストアへ。
小数点以下の桁が2桁の体温計が婦人体温計だ、という新しい知識を得たり
高校時代と変わらぬ「もったいない精神」を持ち続ける4人組だということがわかったり
そうこうして体温計を購入しました。

それから約2週間が過ぎ、しっかりとhiroの生活習慣の一つになっている
基礎体温測定。
自分の体がどうわかりやすくなるのかは、追々報告するかもしれませんが
まずは論より証拠。
しっかりと続けていこうと思います。
[PR]
by dec5hiro | 2009-01-17 10:24 | Soliloquy
発熱とタフさ
発熱しました。
それも3連休の初日に。
金曜日の喉の痛みがつづくなぁ~と思っていて、
なんだか今日はホントに寒いなぁ~と思って過ごしていて、
暖房つけてても寒いなぁ~と思っていたので、
年末にワケあって買った体温計を使って熱を測ったら、ばっちり発熱してました。

発熱って結構年取るとタフさが必要になってきます。
年取るごとに新しい恋愛に怖くなってぶつかるタフさがなくなってくるけど
それと似てるなぁ~、と思ってしまいました。
年取るごとに恋愛に強くなっていくのもちょっと怖いですが。。

幸い、インフルエンザではなくただ単に風邪でした。
年末に予防接種を受けていたので疑ってもいなかったですが。
熱に対するタフさが弱くなったせいか、食欲がまったくなく寝て過ごすだけの4日間を
過ごし、(結局昨日は一日休みをもらった)なんと2kgも痩せました。
異常な状態はあまりよくありません。
みなさんも風邪だけじゃなく、日々の生活の中で
健康でいられるように気をつけていってくださいね。
インフルエンザもこれから本番です。あぁ、こわい。
では、またね。
[PR]
by dec5hiro | 2009-01-14 22:27 | Soliloquy
1月
なんだか風邪を引いたようです。
喉が痛いし、鼻水もでるし・・・。でも熱はありません。
熱が出ないようにただ予防策をとっています。

さて。1月といえば。
高校生にとっては試験の時期ではなかったでしょうか?
大学2年の時には成人式が控えてました。
ちょうど今日電車に乗ったら晴れ姿の女の子が一人乗ってきて
「もう4年も経ったのかぁ」と懐かしく感じてしまった。
時間が経つというのは本当にあっという間だ。

・・・うーん。
頭が働かない。
風邪のせいなのか、それとももともと働かないのかも・・。
1月はインフルエンザが流行し始めるので、みなさんも体に気をつけて。。
では、またね。
[PR]
by dec5hiro | 2009-01-10 18:39 | Soliloquy
到来
あっという間に年が暮れて明けました。
皆様いかがお過ごしでしょう?
明日から仕事はじめという人もたくさんいらっしゃることでしょう。
年末年始で養った生気をまた今年もしっかり仕事に活かしたいもんです。

毎年のことですが、熊本に帰省(寄生?)してきました。
変な話ですが、正直実家がそこにあるというだけで、
その他は不思議と愛着がわかなくなりました。
友達ともどこそこで再会することができるし、
そもそも友達もどこそこに散ってしまってるので
熊本というものが自分の中で存在を小さくしてるのかもしれません。

2008年は何かと過去のことに縛られたり、
将来のことに対して頭を煩わせたりして
精神衛生という観念から見ると、すごく悪循環な一年でした。
年明けて、実家近くの神社で引いたおみくじに
「過去のことや将来のことに振り回されるのは心を害する愚かなことだ。
一日一日を面白く楽しく過ごすことに注力しなさい。禍転じて幸いとなります。」
と書いてあった。

新しい年とともに、新しい考え方の到来です。
自分らしさを損なうことなく、楽しく過ごせる2009年にしようと思います。
皆様にとりましても、幸多き一年になりますように。
では、またね。
[PR]
by dec5hiro | 2009-01-04 13:48 | Soliloquy