S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
But you're so far away
by dec5hiro

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
心か体か。
男はどうしようもない生き物だと思う。
女が何を欲してるか考えなくなる瞬間から、男はどうしようもなくなる。
面倒な生き物だ。単純すぎる。
こっちがその単純さに振り回されるのが悪いんだろうか。
本当にイライラする。

あたしが感じたことや思ったことをそのまま口に出さないと
男は何も考えられないんだろうか?
そんなに時間も余裕もない?
心の余裕はお金があれば、というわけにいかない?
そもそも、個人的な問題?心の余裕がない人は一生そんな余裕なんてない?
まったくもって、プライベートの問題に余裕のない人間は
嫌いだ。もっと考えなきゃいけない問題として心の中に余裕を持つべき。

それともあたしなんか考えるに値しないほどの女?
というか、考えるポイントに含まれもしないかもしれない。
考えないようにしてたけど、案外あたりかも。
相手が自分のことをどう思ってるかなんて、どう計ればいいの?
自分が相手のことをどう思うか、ということと対比させると
あまりにもあたしはお座成りになりすぎてる。
正直言ってこんなのお断りだ。
体だけが必要で側にいるんだったら、お金持ってるんだから買えばいいと思う。
あたしはものじゃない。心のある人間だ。
多少は心を必要としてることを考えて欲しい。

むりか。そもそもそんな心なんて相手が持ってないんだった。

イライラして眠れない。
相手のことを気遣うなんてばかばかしいことなのかも。
どうしてこんなにわがままで自分勝手な男と付き合ってるんだろう。
自分を消耗してもなにも生まれないのに。
ただ、あたしがタイミングよく手に入ったから近くにおいてるだけかも。
あたしじゃなくても良かったんじゃないかな。
適当に簡単に手に入るなら誰でもよかったんじゃないかな。

あたしのほうにも問題はあるんだろうけど。
男は体で満足する生き物だってわかってて今まで渡ってきたくせに。
それを上手く利用してきたくせに。
自分の都合が悪くなってきたから相手のせいにしてるとか。
もっと言わなきゃいけないことを口にしなきゃいけないとは思うんだけど
結局男に嫌われたくないから抱かれるし、嫌われたくないから何も言わない。
自分で自分を傷つけてるとか言われても、アホらしいとしか思えない。
世の中の男の9割は女の体をものとしか見ないと思ってる。
男と女は一緒には生きていけないのにムリしてんのかも。

この男はあたしの体が使えなくなってもあたしの側にいてくれるだろうか。
否。
1年たってもこの結論に変わりはない。
やっぱり男は男。あたしの考え方も変わりそうにない。
[PR]
by dec5hiro | 2008-12-23 03:38 | Soliloquy
知的財産管理技能検定
3級の結果が発表されました。
あっさり合格。
今度は2級を受けます。1級まで取ったら満足かなー。
でも結局この資格は自己満足の資格になりそうです。
実務向きの資格じゃないので、正直言ってお金のムダ。
こんな検定をどうして国家資格にしたんだろう?

最近、田原総一郎さんの「再生日本」を読んでいます。
日本はこれからどうなるのかなーなんて達観した考え方を
少しでも吸収したいと思って。
でも日本人は将来に対する不安ばかりを纏って生きるんでしょうか?
ちょっと深刻。でも本当はちょっとどころじゃなく深刻なんだろうけど・・。

国家資格というものは、それでお金がもらえるものから
まったくもって何の足しにもならないものまで幅広いんだと思う。
実務向きじゃないものを国家が認定してどうするんだ。
国の金儲け?
[PR]
by dec5hiro | 2008-12-20 12:50 | Soliloquy
意思決定のための前提
自分の意思決定が修正可能かどうかっていうポイントは
ものすごく大事だと思う。
なかなか、この点を上手に教えてくれる人はいなかったけど
ビジネスにもプライベートにもこの前提を持たないといけないんだとおもう。

修正可能というものは、アウトプットのやり直しだ。
アウトプットというものは資料だったり、結論だったり、
合意だったり、成果だったりする。
でもプライベートとなると、結婚だったり、妊娠だったり、
出産だったり、離婚だったり。
つまりは修正出来る物ではないものばかり。
修正できるかどうか、という前提をあらかじめ持った上で
プライベートは意思決定していかないと
後々、双方に弊害が生じる。

なんて、ちょっと難しいことを難しいように書いてみたけど
まず、今回のこの考えは、自分に言い聞かせているつもり。
修正可能でないものを意思決定しなきゃいけないという局面に
向き合えるだけの情報をhiroは持ってるだろうかというと
今は正直もっていない。

相手もきっと持ってない。
意思決定をするにはまだまだ。
双方に対する弊害のほうが大きすぎる。
時間はまだまだあるはず。
努力すべき点もまだまだあるはず。
まだ、まだまだなんだと思う。
[PR]
by dec5hiro | 2008-12-14 20:40 | Soliloquy
低空飛行
調子の良くない日が続いてます。
それでも気持ちは結構元気だと思ってたのに
いきなり、低空飛行を続けてた不安の種がひょっこり芽を出す。
ひょっこり出てくるんじゃないかと少し予測していただけに
やっぱりそうだったか、とただ動揺している。

「やっぱりそうだったか」は言い過ぎかも知んないけど
「やっぱり」という気持ちだけは一夜明けても抜けない。
正直なところ、どんな風にこの事実を考えたら良いのかがわからない。
正しいとか、間違いだとか、そんな次元ではなくて
本質は、低空飛行している存在は
一人の力じゃなくて、他にも低空飛行を続ける要素があるからなんじゃないかと
どうしても思ってしまうところにある。
そしてあたしは、要素がない、と信じていないと
現実に立ち向かえない。
[PR]
by dec5hiro | 2008-12-13 09:15 | Soliloquy
不調スタート
あっという間にこんなに時間が経ってしまった。
ふとカレンダーを見ると、12月も3分の1が終わってしまっている。
24歳になるというイベントもあったけど
実はまったく自分が成長できてないなぁと感じるばかりで
ちょっとばかしショックな一日になった。

というのも。
彼がプレゼントを買ってくれるというので
一緒に見に行ったんだけども
結局自分が欲しいものは何一つなくて、
いいなぁとおもう物は逆にものすごく(hiroにとっては)高額で、
自分に素直になって
相手に甘えられるようになりたいと思ってたのに
まったくその点が成長してなくてとにかく自分にがっかりしました。。

やっぱり相手に甘えようとするのは難しいことなんだろうか。
その日の夕飯で彼に「お前は尽くすタイプだな・・・」と
小言を言われました。
なかなか自分の本質というものは変わらないもんなんだと
思いながらも何とかちょっとくらい変わってくれても良いのになぁとか
あまーいこと考えたりなんかした24歳始まりでした。

とはいっても、24歳、なかなか体調が芳しくありません。
この頃、めっきり風邪の治りが悪くなりました。
先週引いた風邪をまだ微妙に引きずっています。
その後遺症と平行して持病も再発。
耳の調子がものすごく悪くて、たびたび浮遊感に似たふわふわ感を
日中感じてます。不調なスタートです。24歳。
調子が良いのは朝起きたときだけ・・・
というわけで、明日朝から病院に行ってきます。
今回は原因がハッキリしないので(ストレス感じてないし)
早めに薬をもらって良くなりたいなぁと、そればかりです。

暖かくなったり寒くなったりインフルエンザ流行だしたりするので
みなさんも体には十分気をつけて。
では、またね。
[PR]
by dec5hiro | 2008-12-11 23:56 | Soliloquy