S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
But you're so far away
by dec5hiro

<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
無形のもの
ワインを飲んでほんの少し体があったまってきて、
ちょっとだけ涙を流して気持ちがおさまってきたので
ここらでもう一記事、と思って。

人と成りを知るにはその人の趣向を知れという。らしい。
オーゥエン殿の記事を見ていたら、こんな言葉があった。
あたしは人間観察ばかりをしすぎて
相手が何に興味を持っていて何が好きかなんて
さほど重きを置いて考えたことがなかったような気がする。
ヒトの行動や考え方やらを一人で勝手気ままに考えることは好きだけど
ちゃんと今まで知ろうとしなかったのは何でなんだろう。

人を知ろうとすると、必然的に自分も曝け出すことになる。
腹を割って話す、裸の付き合いとかよく言うけど
結局はお互いが持ちつ持たれつの関係を築けるかどうかだと思う。

そこがあたしに欠けている要素だと思う。
バランスの取れた人間になりたいと思いながら
だからといって明確な理想像があるわけでもなく、
いつだってその答えは「世の中には沢山の人がいるんだから」という
まったく腑に落ちない、教科書通りの答えで。

いったい、世の中の何人くらいの人が
人を信じることが出来ずに悩んでいるんだろう。
あたしには未だにその答えが見つからない。
今までもこれからもちゃんと向き合うことが出来ないまま
こうして人に対する疑問を書き続けるだけなんだろうか。
いったい、いつまでこの疑問と向き合えばいいんだろう。
人を信じるとはどういうことを言うんだろう。
人を信じると何が起きるの?
裏切られるのはどうして?
期待を持つのはどうして?
どうしてそれでも人を好きになるの?
どうして自分を好きになってほしいと思えるの?
どうして自分を認めてほしいと思えるの?
どうして自分を信じてくれる人が現れると信じれるの?

信じる心はどうして無形なんだ。
愛とか信じる心とか形のないものはどうして
人をこんなに揺さぶって答えを追い求めさせるのか。
[PR]
by dec5hiro | 2008-10-30 00:29 | Soliloquy
怒りと呆れと諦め
怒りと呆れと諦めはどれが一番相手にとってショックが大きいだろう。
論点が真剣であればあるほど、諦めが一番だと思いたい。
怒りがあるうちはまだ議論の余地がある。
呆れがあるうちはまだ改善の余地がある。
でもどちらかが諦めた瞬間、論議はそこで終了する。

正直言って議論は苦手なほうだと思う。
女は感情的になりやすいから、という一般論が
ここでは本当になってしまうから。
男と女の違いは世の至る所で議論されていて
それは諦められることのない議題だからか
諦める人がいても、またその論点に戻ってくる人がいるのか
その辺の難しいことはよくわからないけど
世の男性と違って論理的に考えられないことも沢山ある。
感情に流されないように、自分の論点が曇らないようにと
思いながら議論するように努力はするけど
どうしても女であることがあたしの足を引っ張る。

そう思っていたいだけなのかも。
あたしは女であることを利用するくせに
こういうときばかりは女であることを理由に自分を正当化しようとする。
弱い人間だなぁと思わずにいられない。
逃げ出したくなるのは自分だけじゃないのに。
逃げ出しても自分を追いかけてくることはわかってるくせに。
[PR]
by dec5hiro | 2008-10-29 23:55 | Soliloquy
右クリック→リセット
気持ちの変化が激しい。
自分自身がそれをコントロールできるときはまだいいけど
コントロールできないとなると本当にしんどい。
なぜなら体に異常が出てくるから。
それがhiroの体である。

昨日から背中に誰かが乗ってるんじゃないかと思うほど
痛くて痛くてしょうがないので
朝から痛み止めを飲んでいます。

気持ちをどうにかしっかり持ちたいなと
週末からどうしても抜けられずにいるこのstuck感。
心のリンパが流れない。
詰まってしまってどうしようもない。
調子が悪いのはどうしようもない、と思ってしまいがちだし
悩みは次から次へと終わることがないってわかっていても
どうしてもこの悩みのサイクルを断ち切ることが出来ずにいる。

原因は掘り起こしてしまったものだからしょうがないのかも。
見なきゃ良かった。
わかってたはずなのに。
自分の記憶だけには自分はうそつけない。
人にはどうとでも言えるけど。
自分の記憶をどうにかしたい。
消せるものなら消したいものが、あちこちに散らばってる。
誰もそれが何なのか知らないし、
あたしももうそれを言葉に出来るほど若くないんだと思う。

年を取るにしたがって増えるのは
連絡を取らなくなった友人と、世間体を守ろうとする邪魔な観念と
心に刻まれてしまう記憶の数々。
失くしてしまうものも、無くなってしまうものもたくさんあるのに
こればかりは増えいる気がする。
正直、しんどい。
記憶なんて、iPodの再生履歴と同じで
右クリック→リセット出来ればみんな幸せなのに。
[PR]
by dec5hiro | 2008-10-28 23:41 | Soliloquy
考えさせて
女の一言も男の一言も重たいときは重たいし
軽いときは軽い。
人によっては、口数が少なくて重たくなる人もいるし
いつでも軽い人もいるけど。

言葉は時に暴力になる。
意識的にも無意識でも言葉は受け取る相手によって
形を変え、意味を変え、人とのつながりを変えていく。
私たちがいつも簡単に口から出す一言は
生きるうえで重要なポジションだと、
もっと私たち人間は認識する必要があるんだと思う。

たまに、ドラマだったり映画だったり
hiroの生きている世界ではない3次元の世界のどこかで
この言葉が男女間で使われている。
「ちょっと考えさせて」

これって、さすがに受け取り方が違うだけで
簡単に別れの言葉になる。
その言葉で傷ついてる人が、今まさにhiroの友達にいて
それがまた言葉の受け取り方を考えさせてくれるから
困ったもんだ、と思いつつ。

ちなみに、今回はこの言葉を使ったのが女で、
受け取ったのが友達である男。
んー。
正直、この件は難しすぎて詳細は控えますが。。
この言葉については何かしら意見がほしい。
23歳には解読不可能です。
[PR]
by dec5hiro | 2008-10-26 23:28 | Soliloquy
収穫のある会合
男と女はこんなにも違うのか。
そしてこんなにも似てるのか。

中立的な立場で物事を考えようとすると
女のhiroは立ち位置を変えるのに一苦労する。
昨日はそんな一日だった。
対極過ぎる男女の飲みニケーションだったので
なるべく中立に、と思って会話を聞いていたけど
男の人は、目の前に繰り広げられる
あけっぴろげなガールズトークを、
一生懸命男目線で割って入ろうとがんばってた。
女の子は、めくるめく恋愛トークを女同士で繰り広げていて
男の人に入る隙間を作らない。
それがまた、無意識に出来上がっている状況だから
余計に傍観者になってしまった。

男の人たちだけの反省会になるはずだったのに
(hiroはガールズと帰ろうかと思ってた)
どういうことか、hiro一人が残ってしまって
反省会に被告側代表みたいな状況で参戦することに。

色々話が盛り上がり、ガールズトークの諸々を謝罪し
とりあえず被告としての責務を果たした後、
今度はメンズトークが始まった。
これがまた、ガールズトークの小規模版。
男の人はさほど自分のことをあけすけに話したがらないから
とにかく目の前に繰り広げられるメンズトークに
元被告としてちょいちょい話しに割って入ったけども
どういうことか、無意識に出来上がってしまったその状況に
hiroはただただ好奇心を持つばかり。
うまく言葉にするのは難しいけど収穫のある会合でした。

男と女は結構近いところにいるんだと思う。
ただ、ちょっとだけ目的地が違ったり
ちょっとだけものさしの長さが違ったり種類が違ったり。
[PR]
by dec5hiro | 2008-10-25 10:32 | Soliloquy
年末年始
まだ10月なのはわかってますが、
早めにこのことを書いておかないとどうしてもあっという間に終わってしまう気がする。

とにかく、早すぎます。
10月の予定はほぼ埋まってしまってるし
11月も最初の方は予定ありすぎで
体がもつか心配です。

年末が近づくにつれて忙しくなるのはなんでだろう。
仕事もプライベートも充実しすぎる。
みんなと楽しい時間を過ごすために仕事が忙しくなるのか
それとも仕事を充実させるためにプライベートが充実してくるのか。
充実というのは不思議なモンで
時間を感じさせないから怖い。
いきなり、街に出たら冬が来てると感じさせるんだろうか。
いきなり、朝目が覚めたらお正月、なんてこともあるかも。

正直言ってこの年末の速さは尋常じゃない。
尋常じゃないよ、お母さん。
こんなに早かったら、あたし来年も再来年もものすっごい
あっという間に年取っちゃう。
[PR]
by dec5hiro | 2008-10-14 22:55 | Soliloquy
女々しさをネタにする
重たい男はたくさんいる。
・・上に重なって重たい男も、気持ちの重たい男も含め。
軽い男もたくさんいるけども。
・・基本的に自分より軽い男の人には抱かれたくないなぁ。
 #と、ちょっと話が逸れ気味ですが。


上に重なって重たい男は時に幸せを感じさせてくれる。
それが気持ちよくも感じる。
この気持ちよさは女じゃないと感じられないんだろうな、とも思う。
男にとって何が幸せを感じるときなのか、教えてほしいとも思う。

気持ちの重たい男はどうしてうざったく感じるんだろう。
女でも気持ちの重たい女はたくさんいるけど、
同じ女だからか、理解できるところが多い。
それが男だと、どうして女々しく感じるんだろう。

女々しさのある男の人は、女友達が多くいる。
そんな男の人に付き合っていける女の人は
自分の気持ちにセーブを効かせられるか、
もしくは気持ちがそんなにないか、
あきらめてるのか、理解してくれてるのか。その辺が測れない。
生きていくうえで女々しさが必要になる男の人と、
付き合っていくうちに女々しい男だと感じてしまう女の人。
付き合っていけるんだろうか。
[PR]
by dec5hiro | 2008-10-13 12:31 | Soliloquy
一人のお酒
一人でお酒を飲むのはちょっとだけ控えようかと思った。

というのも、一人で飲んでも楽しくない。
楽しめない。
残念だ。

んー。

お酒って楽しいのが一番。。
一人で飲むモンじゃないね。。
[PR]
by dec5hiro | 2008-10-08 23:03 | Soliloquy
「伝え方」より「伝わり方」
思うが侭に言葉を使うのはhiroには難しい。
今朝もまた、そう思った。
言葉は簡単に人を傷つけるし、簡単に人を強くする。
簡単に大きな事を口にするもんじゃない。
でも、簡単なことすら口に出来ないんじゃないかって思うほどの状況で
それでも自分が相手のことを思っているんだって伝えたいとき、
あなたならどうする?

今朝、色々考えたんだけど
考えるより先に行動に出てしまった。
その行動がよかったのか、言葉よりも上手にhiroの気持ちが伝わったみたい。

音楽は心で伝えるものだと、高校のブラスの顧問がよく言っていた。
だからこそ、心の状態一つで伝わり方が違うのだと
最近になってその極意を感じることが出来る。
音楽のような高度なものではないけど、
心を伝えるというのはどうしてこんなに難しいんだろう。
大事なことほど難しく感じるのは間違ってないはず。
そして大事なことほど、遠まわしになってしまうのもよくある気がする。

言葉は思っているより何にでも変化する。
鋭利な刃物になったかと思えば
暖かな思いを心に強く残すことさえいとも簡単に成してしまう。
「伝え方一つだ」
と、言う人は間違ってるわけではないけど
大事なのは
「伝わり方」である、とつくづく思う。
[PR]
by dec5hiro | 2008-10-07 21:49 | Soliloquy
進退
引き留めるという行為は、偽善だろうか。わがままだろうか。
可能だろうか。不必要だろうか。

どんなにその場所に大事な人でも、引き留められないことが多い。
大事な人ほど、引き留められないと感じる。
その人に、引き留めるだけの言葉をかけれる人がいなかったり
引き留めるだけの理由が見つからないために説得できなかったり
引き留めることがくだらないと思えることもある。

身体を壊したことによって場所を離れる人。
金銭的な(経済的な)理由によって場所を離れる人。
将来のキャリアを理由に場所を変える人。
人間関係の障壁に耐えられず場所を変える人。
幸せなターニングポイントを迎えて場所を変える人。
元いた場所への愛情が強くて場所に戻る人。
憧れを追い求めて場所を移す人。

引き留める人にはそれぞれ心の変化、その気持ちの強さがある。
自分がわかってあげられる範囲内で背中を押してあげるのか、
それとも自分にはその許容範囲を超してしまっているから背中を押してあげるのか。
わかってあげられる範囲内で引きとめようとするのか、
許容範囲を超しても引き留めるか。

引き留めてあげたいか。
引き留めたいか。
引き留めずに見守るか。
引き留めるべきか。
[PR]
by dec5hiro | 2008-10-05 16:29 | Soliloquy