S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
But you're so far away
by dec5hiro

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
価値
人の価値って、なんだろう。
こないだ、hiroが大事に思っている人に
「お前は自分の価値がわかっていない」と言われました。

自分の価値なんて、これっぽっちも無い様に思っていて
まったく持って自信も無いhiroに
こんな言葉をかける人なんて珍しいというか。
この人はhiroの何を見てこんな言葉を言ったのか。
hiroの価値って何なのか?
そもそも価値って何?
誰が決めるもん?
誰が誰のために決めるの?
もしくは価値なんて他人の決めたレッテルみたいなものだったりするの?

男女によって、年齢によって、
とにかくまったく考え方や物事の捉え方は違う。
だからこそ、理解したいと思うし
少しでも自分の考えや疑問をこうして残していたいと思う。

んー。
まったくもって答えらしきものが出そうにありません。
どなたか、この疑問を少しでも晴らしてくれるコメントをください。
[PR]
by dec5hiro | 2008-04-30 23:09 | Soliloquy
キャンドルの火
気持ちを落ち着かせる方法。
という題でちょっとだけ色々と挙げてみようかなぁ。

その1.
静かな音楽を聴く。
うるさい音楽やたくさん言葉の聞こえるものではないものを選んで
なるべく静かな環境に身を置いて
出来れば美味しいコーヒーか温かいココアなんかがあるとベター。
#これは万人向け・・・の方法かなぁ・・

その2.
深呼吸する。
例えば、新社会人に成ったばっかりの頃、
満員電車に乗らなきゃいけないと思うだけでとにかく気持ちが落ち着かなかった。
一生懸命、慣れようとする気持ちだけが先走って
出来ないことばかりが目に付いて、焦る気持ちが勝っていた頃。
深呼吸することで、少しだけ気持ちを落ち着かせることが出来た。
#これもどちらかというと万人向けか。。

その3.
目を閉じる。
・・・んでも、寝ないように。瞑想が大事。
頭の中を空っぽにしようという意識がよい。
#ヨガとかすると体もスッキリしてよいかも。

その4.
キャンドルに火をつけ、Blogに考えをつらつら書き綴る。
ちょうど今それをやっている最中です。
頭の中にあるゴチャゴチャを振り切って
まったく関係のない文章をつづっています。
これが結構気持ちをクリアにしてくれる。

人それぞれ、気持ちの落ち着きを取り戻す方法はあるだろうけども。
なかなか他人のやり方と自分のやり方は違うもんですよね。
他人のやり方を知って新しい方法を習得するのも、またよし、です。
では、また今度。
[PR]
by dec5hiro | 2008-04-29 00:29 | Soliloquy
「許し」
いつだったか、昔。
hiroのお姉ちゃんはとにかく厄介だという記事を書いたように思う。
今でも、そうなのかも知れないけど
今回はそんなおねえちゃんが日ごろ考えているかもしれないことについて
ちょっとだけ、hiroも考えをめぐらせて見ようかなと思います。

こないだの「ロス疑惑」。
簡単に言うと、日本では無罪になった人がアメリカで逮捕されちゃったという、話。
ちょっと難しく言うと、日本での「属人主義」とアメリカの「属地主義」とが
殺人というテーマにおいて対立してしまった、という話。
hiroが理解しているのはそのくらい。
お姉ちゃんが考えているのは、その先の話。

日本は来年の4月から「裁判員制度」を施行することになって
対岸の火事だったものをより主観的にかつ客観的に
素人が判断できるようになるんだろうか、ということ。
アメリカでこの裁判員制度がうまいこと機能しているのは
アメリカ人に根付いたキリスト教の考え方「許し」があるからこそ
目の前の殺人者に対しては「死刑」を宣告せずとも
「終身刑」という形で罪を償うよう、被告人に求めることが出来る。
日本では「日ごろの行いがよかったから今日は天気がいい」という
不思議な思想を持っているので、
「悪いことをしたらその償いは身をもってすべき」という
ちょっと厳しい考え方を持ってるような。という話。

hiroにはちょっと難しくって、考えをまとめるのには時間がかかる問題だけど
人の命を奪うのは、人であってはならないと思っているので
アメリカ人の持つ「許し」の考え方に賛成の立場です。

んー、ホントに難しい議論に足を踏み入れてしまいました。
あまり体調が良くないので、深く追求できないまま
今日はフェードアウトです、ではまたね。。
[PR]
by dec5hiro | 2008-04-20 12:40 | Soliloquy
関西人のロマンチックに思う
カレンダーや手帳というものが好きだ。
女の子という生き物は予定を立てるのが好きな生き物だと思う。
男の子は逆に予定なんてあんまり気にしない。
だからこそ、男の子はここぞという時にスケジューリングするんだと思う。
女の子の喜ぶ顔が見たいために。
#これって語弊があるかな?

今朝TVを見ていて、関西の男の人はもしかしたらロマンチストなんじゃないかと
思ってしまった。熊本にはいなかったようなロマンチスト。
というより、血がロマンチストなのか。
ロマンチックな思考回路が小さいころから形成されるような
環境が整っているような気もする。
人は環境で育つ、という論にhiroは賛成だから・・・。
周りにロマンチストが多いと、そこで育つ人も少なからず影響を受けて
ロマンチックな思考が育っていくんじゃないかと。

話を戻して、関西人にロマンチストが多いってのは
ある意味、うらやましくもある。
それだけ、感情表現が上手ってことなんだと思うから。
特に男の人が感情表現を上手にしてくれると、
必然的に女の人も感情表現でそれを返してあげるようになるから
双方向のロマンチストが生まれてくるという。
そんなにうまいこと世の中回るのかな?という疑問もあるけど
関西人の「笑わせた者勝ち」という、血に流れた原動力は
自分だけでなく周りの人をハッピーにする。全面的に。

土地柄的に、内向的な環境は内向的な人間が多く育つように思う。
感情表現も必然的に内向的になるから「もっこす」なんて呼ばれるようになるのかも。
そして、双方向に内向的な人間が多くなり・・・
hiroみたいに感情表現が下手な人間が多くなっていったり・・・
そんな悪循環を想像してしまった土曜日の朝でした。

というより、関西人の男の子は本当にロマンチストだ。
うらやましい。
というのは、今朝見たTVに出てた男の子は
「おじいちゃんにさつまあげを作ってあげたい」
という目的で色々試行錯誤し、一生懸命作ってあげるんだけど
その意欲にロマンチックな血を感じてしまって、
内向的な悪循環に至るまでを考えさせられてしまった。
ああ、うらやましい。子供のころから感情を上手に表現できる子供に育てられるといいのかも。

内向的な人間は感情表現が下手で自分を押し殺していくような気がしてならない。
そうした悪循環が現代社会に少しではあるけども
良くない結果をもたらしてはいないか・・・なんて
そこまで深いとこまで追求できるかなぁ~、この関西の男の子ネタで。
#いやいや、その議論をするにはhiroはちょっと智識が足らないよね。笑

それでは、久しぶりの更新で久しぶりの長文にお付き合いいただき
ありがとう、ではまたね。
[PR]
by dec5hiro | 2008-04-19 11:15 | Soliloquy
2年目突入
あっという間に一年間を過ごしてしまいました。
明日は先輩社員として懇親会から参加します。
楽しみなような、怖いような。
何を話したらいいのかもあまりよくわかりませんが
hiroが一年間で感じたことを集約して短いスピーチをしようと思います。

さてさて。
サラリーマンの皆様は異動だったりで歓送迎会が多くなる時期です。
どうか、個人情報だけは守るようにしてください。
というのも、今日帰宅中に手帳をどこかに置き忘れたことに気付いて
ものすごくショックを受けました。
帰りながらかなり頭を抱えましたが、ちゃんと思い出して
会社にまだ残っていそうな人に連絡を取り、
更衣室にあるであろう(実際も更衣室にありました)手帳を
デスクの引き出しに入れてもらって
とりあえず安心しました。。。
でも、こんなドキドキすることはありがたくありませんね・・・。
というわけなので、
お酒が入って気持ちよくおしゃべりするのはなんら問題ありませんが
飲んで楽しくなって何もかも忘れちゃうのはやめましょうね。

年度初めはいろんな人のいろんな話が聞けるので
また刺激を受け、いい意味でストレスをためたいと思います。
では、またね。
[PR]
by dec5hiro | 2008-04-01 00:13 | Soliloquy