S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
But you're so far away
by dec5hiro

カテゴリ:Soliloquy( 443 )
今日時点での結論
世の中には「結婚したい人」、「結婚したくない人」がいて、
「結婚に向いてる人」、「結婚に向かない人」もその中にはいて、
「結婚に向いていて結婚したい人」同士の結婚は上手くいくけど、
それ以外は努力が必要、というだけ。

ただし、「結婚したい」という思いのベースには様々な種類があって、
必ずしも思い描くベースをもった相手だとは限らないし、
現実的には努力を不要とする結婚なんて存在しないと思う。

で、自分がどうなのか?という問題があるわけで。
いや、誰かに答えを迫られてるわけではないのだけど、
今日時点での結論としては、「まだ」考えられない、ってとこか。

必要性を感じないのだから、
どんなに「結婚に向いている人」だとしても、
考えられないのであれば実現は難しい。

「結婚」に向き合うには、もう少し自分にじっくり付き合わなきゃ無理だ。

おっと、「ミザリー」観た後でこの発言はいただけないな。
[PR]
by dec5hiro | 2010-03-07 18:44 | Soliloquy
3月
自分を信じている?
否。
自分を信じていないのに、他人を信じるなんて出来ない。

自分を信じるってどうやったら出来るもん?
そんなの考えてる時点で出来ないだろうな、とは思いつつ。

他人を信じれたら、楽になれるだろうか。
自分を信じれたら、楽になれるだろうか。
悩みの視点が変わるだけだろうか。
[PR]
by dec5hiro | 2010-03-07 17:01 | Soliloquy
もう2月
人生の地雷を踏んでも、死ぬことはない。
人生のフィールドに埋もれている宝はかなり価値のあるもの。
地雷を踏んでしまう方が、宝を見つけやすくする事もある。
地雷を踏んだら、その場から逃げず、じっくり周りを見渡すこと。

地雷を踏んだに違いない。
でも、死ぬわけじゃない。
自分の人生の宝探しに必要な方法だったのかもしれない。
地雷を踏んだこと自体は変わらない。
だから、踏んだ事を後悔せず、その結果を受け止めよう。

間違ってない。大丈夫。大丈夫。大丈夫。
[PR]
by dec5hiro | 2010-02-01 23:14 | Soliloquy
汚いヒゲ
この業界で早3年目。
本当に男性率が多い。
業界の中でも女性率の高いほうではある私の会社。
それでも女性率は2割に満たないだろうと思う。
以前は男性ともよくコミュニケーションをとる仕事だったので
この業界の男性像が幾分良いイメージになったが、
それでもやっぱりこの業界の男性イメージはレベルが低いと思う。

今日なんとなく見つけた記事がこちら
確かにね。うんうん。悲しいかな、頷けてしまう。

この業界ってなぜか汚いヒゲ(ごめんなさい!)を蓄えた男性がチラホラいる。
清潔感というものを社会人マナーできっと学ばなかった世代、、というわけではない。
ましてや、「お洒落な髭」というものとも違う。
もじゃもじゃと、何とはなしに生やしてる。
女性の私から見て、正直あまり直視したくなるものではない。
そんなおヒゲで会議でおしゃべりしないで、とも思う。
「家帰れないんだろうなぁ」くらいのヒゲなら、まだ理解できるけども
この記事によると、なんとあのヒゲには存在理由があるらしい。

いや~。勉強になりました。
なんで誰もそんなことを教えてくれなかったんだろう。
やっぱそこが戦略だから?作戦だから?
男には口に出さない熱い情熱があるから?(もう意味不明。)

とにかく今度から「顔も洗えなかったのかしら…」なんて目で見ることなく、
「きっと今日、大事な会議があるんだわ~!」という応援の目で見てみようと思います。
ちょっと汚いイメージを払拭してくれた記事に感謝。
先入観や偏見って怖いな~、という一般論で締めくくる辺りが脳タリンの証拠。

では、またね。
[PR]
by dec5hiro | 2010-01-14 20:01 | Soliloquy
新年
美味しいワインとピザを食べ、
なんだかウトウトしてゴロゴロしていたら
いつの間にか眠っていたらしく、気付いたら0時を回っており、
そんなこんなで始まった2010年。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年は例年に比べお休みが少ないこともあり、
実家への帰省をずらしております。
初めての実家以外でのお正月です。
それでもお正月料理はしっかり食べたし、
お参りもおみくじもしっかり済ませました。

が・・・
やっぱりなんとなく年を越した気がしない、というのが正直なところ。
年越しの瞬間を寝て過ごしたからなのか、
それとも実家で過ごさないことが慣れてないからなのか、
なにが原因かはわかりませんが。

話はだいぶ変わりますが、
2010年は何か新しいことがありそうな気がしております。
というより、自分で何かを変えようと行動に移す準備を
2009年のうちに着々と進めていたので
2010年はその土台で自らジャンプするだけなのです。
何かしら結果が出たら、また報告させてもらいますが、
良い報告が出来たらいいなぁ~と
切に、切に願っております。

何はともあれ、皆様今年も身体をお大事に、
そして笑顔の絶えない一年でありますよう祈っております。
[PR]
by dec5hiro | 2010-01-02 21:21 | Soliloquy
最終日
今日でありがたいことに今年も最終日。
最後の最後に会社を辞めてしまおうか、
なんて突拍子もないことを考えてしまったり、
綺麗事は沢山聞くけど、やっぱり学歴が必要なんだとか、
下を見れば底は深く上を見上げればお天道様、
結局今の自分は自分が歩いてきた結果に過ぎないと思って
気持ちが落ち込んでしまってどうしようもなくなったり、
単純に自信喪失で生きることに怯んでしまっています。

ここ東京の街、仕事を求めて上京したはいいけど
やっぱり必要なのは私が何を大事に思ってるかということ。
でも、残念ながらそれだけじゃご飯は食べれない。
どんなに沢山の綺麗事を並べても、
どんなにお金を掛けて着飾っても、
どんなに視野を広げる行動をとっても、
お金になるわけじゃない。
ハッキリ言ってそれだけだと思う。

それを知らなかった私が無知だっただけで、
そのことに以前から気づいている人は沢山いるはず。
ただ、誰もその事を話そうとはしない。語ろうとはしない。
同じフィールドで、同じ目線で、同じ言葉で話してくれる識者はいない。
希望だけで話せば、ただ単に出会えていないだけで
世の中捨てたもんじゃない、と思いたいけど。

じゃぁ、お金にならない生き方しか出来ない人間は不要か?
本来であれば「NO」だと言える世界でなければならない。
でも、不本意ではあるけど今の日本では胸を張って「NO」と言えない。
答えを出すのは自分ではなく、世論だ。
世論が「今仕事を辞めるのは危なすぎる」といえば
私は踏みとどまるだろうし、「それでも自分の精神衛生を
一番に考えるべき」といえば即刻この場を立ち去るだろう。
そのくらい、流されやすくなってしまった。

何が正しいとか、何が間違いとかそんな事は今はわからない。
ただ、自分の心に正直になり、心が選ぶ道を信じるのが
今後、一番自分を助けるだろう。
[PR]
by dec5hiro | 2009-12-28 19:40 | Soliloquy
さつまりこ、仕事、筋繊維腫、AVATAR、忘年会。
期間限定のじゃがりこの友達、さつまりこ。
4,5年前くらいからコンビニでしかお目にかかれない存在だけど
このお菓子、本当に美味しいのね。
出た当時付き合ってた彼氏と
「娘が生まれたらさつまりこ、息子が生まれたらピスタチオにしよう」なんて
アホなこと言ってたのを思い出します。

そんなアホな事を言ってたのがほんの4,5年前なのに
この4,5年で仕事のことが本当に悩みになってしまった。
世の中の情勢を見ればこんなにも甘ちゃんで我侭な悩みはないんだろうと思う。
でも、興味がない仕事って本当に自分が腐っていくような気がする。
仕事はお金を稼ぐためのものだと割り切る力があれば
なんとかなるんだろうか。
自分が腐る、なんて過言で自分が腐らせてるだけ?

そうそう。
右胸のしこりが最近(?)気になります。
どうやら筋繊維腫というものらしく、(病理検査はしてませんが)
とくに心配することは無いそうです。
いや、最近気になりだしたわけでもなく、夏ごろからずっとなんですが
夏は色々あり忘れているうちにこんなに大きくなってしまったようです。
残念ながら早死願望は果たされないようです。なんて自分勝手な願望。。
というか健康はお金では買えないので
幸せだということに気付けてない私自身に問題があるのですが。。

そうそう。パート2。
今日はレイトショーで「AVATAR」を観に行ってきます。
相当お金と時間をかけて作られたそうなので
かなり前から眼をつけてました。楽しみです。

そうそう。パート3。
もう年末なので忘年会もだいぶ片付いてきました。
今年は例年より忘年会の開催数が3割減と聞きましたが、
それではアカンのです。
本当は飲みニケーションでもよいのでコミュニケーションの量を
増やすことがこの不況を乗り切る一つの良策ではないかと思うのです。
だからといってお財布にムリはさせられませんが・・・
というか、お財布にムリが祟って今年は帰省を先送りすることになりましたが。。
皆様も年末年始、どうかお元気で過ごせますように。

ではでは、またね。
[PR]
by dec5hiro | 2009-12-26 11:29 | Soliloquy
Blue Note Tokyo
行ってまいりました。というか連れて行ってもらいました!
Blue Note Tokyo!!
上京してからというもの、絶対にハズせない場所だと思って
今まで心のそこで大事にとっておいたところ。

なんと、12月6日の25歳1日目に誕生日プレゼントとして連れて行ってもらいました。
Village Vanguard Jazzの34年ぶりの日本公演初日1stステージに!!

とにかく、初めてのBlue Noteで終始興奮気味でした。
そして最高のステージ。
初日の1stステージとあって、バンドもノリノリ。オーディエンスもノリノリ。
私は感動で1曲目から涙目のまま終始ノリノリ。
あんなに素敵な時間は忘れないでしょう。
連れて行ってくれた彼に感謝。
とっても素敵なステージだったことにも感謝。
また会う日まで、Blue Note Tokyo。
[PR]
by dec5hiro | 2009-12-13 20:38 | Soliloquy
3年後
もう来週には25歳になるのか。
私、25歳になるなんて想像もできないんだけど。
26になり、27になり。
そんなことすら想像できない。
というかしたくないというか。
現実逃避気味な状態はまったく抜けず。。

二十歳からまったく成長してないような気がするのはなんでだろう。
もったいない時間を過ごしているような気もする。
でも、今まで何も得てこなかったわけではない。
他人の人生の節目に関わったことで
やっぱり自分はどうなの?と考えるのは当たり前だろう。

3年後の自分はどうなってるだろう。
今の仕事はしてないのかな。
今の彼とはどうなるんだろう。
ていうかどこに住んでるのかな。
まったく想像できない。
3年前に想像した自分とは今が違いすぎる。

3年後なんて描けない。夢の世界だ。
これが3ヶ月後くらいなら難なく描けるのに。
この違いはなんだろう。理想が高すぎる?
思いや夢を語るのはどうして重たく感じるんだろう。
昔はそうではなかったのに。
[PR]
by dec5hiro | 2009-11-28 12:33 | Soliloquy
披露宴@博多
ばたばたしてしまい、放置してしまいました。(みっともない言い訳。。)
またこの1ヶ月ほどお仕事が忙しくなりそうです。
何事も経験ですが、このお仕事が安心して進められるのは
周りの方に恵まれてるからだろうと思われます。
やはり自分の周りの人に感謝の気持ちでいっぱい。
この仕事で感じる一番の収穫というか利点はこれに限る。
どんなに知識や技術が高くなっても、
感謝の気持ちは変わらずに感じられる組織人でありたいと思う。

昨日は高校時代の友人の披露宴に出席してきました。
博多まで行ってきましたが、博多駅周辺も最近改築(?)されているようで
なんとなくスッキリせず、わかりづらかった。。
そして生憎の雨。極寒の一日。
慣れない道を慣れない靴で歩くのはしんどかった。
披露宴は無事に執り行われて本当によかった。
周りの人に支えられてここまできた、ということをこれからも二人は大事にして
幸せで暖かい家庭をつくっていくんだろうなぁと
遠巻きにも安心してしまいました。
それにしても先生同士の結婚となると、あんなにも先生だらけになるもんかと
面白かった。というか大変興味深かった。
ただただ、彼らには味方が沢山いることが素晴らしいことだと思った。
彼女の大好きな人との未来が明るく平和であることを願ってやみません。

でも風邪を引きました。
帰ってからくしゃみがとまらず、とにかくしんどいです。
身体を温めようと思って飲んだほっとレモンで気持ち悪くなるし。
今日は早めに就寝しようと思います。
来週も寒い日が続くようです。皆さんも身体だけは大事にされてください。
では、またね。
[PR]
by dec5hiro | 2009-11-23 22:27 | Soliloquy