S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
But you're so far away
by dec5hiro

舞台
舞台に上がる前は誰だって緊張する。
手が冷たくなって、変な汗が出てきて、不思議と鼓動が速くて。
舞台にどれだけ観客がいるかなんて、初めからわかってるわけではなく。
でも、いつかは舞台に上がらなきゃいけない、出番がくるから。

台詞は全て頭の中に叩き込まれていて、
動きも表情も声の大きさも体が覚えていて、ほぼ準備は万端で。
準備できていないのは、自分の気持ちだけ。
怖がって、楽しむことが出来ない。
バックステージにいるときの言いようのない緊張感が膜のように耳を覆っていて
外からのなんの音も鼓膜に響いてこない。
でも、責任は果たさなきゃいけない。
これが私の役だから。私が引き受けたんだから。
私の変わりはいないんだから。

意を決して舞台にあがる。
そこには眩いライト。火照るような熱さ。緊張感からの穏やかな解放。
思い出すたびに胸を熱くする、この不思議な瞬間。
気を緩めると、涙も出てきそうになる。
私は一人。私を見てくれる人がいる。私を受け止めてくれる人がいる。
それだけが事実。

-------
過去は声に出すと本当に過去になる。
まだ信じられないし、これが本当かどうかはまだわからない。
でも、過去を口にすること自体私にとってはタブーだったし、
そういう意味では新境地にいるのかもしれない。
[PR]
by dec5hiro | 2009-06-22 19:59 | Soliloquy
<< 雑談という作業       MONSTER HUNTER >>