S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
But you're so far away
by dec5hiro

男を見る目
人を見る目はある、と自負しているにも関わらずどうしてこうも男を見る目がないんだろう。
自分の恋愛観がいかに子供か、という点で客観視するのは正直痛い。
ただ正直に言うと、私は男を見る目がない。本当にそう思う。
いて座の女は熱しやすく冷めやすいというらしいけど、
熱しやすいがために男を見る目がない、というわけではないだろうに。

もちろん、男友達もいるけど、見る目を養えるほど男友達と仲がいいわけではない。
男は単純な生き物だから、逆に女にとってストレスになったり
単純すぎて墓穴を掘る男の人も沢山いるわけで。
お互いがお互いを見る目がないと、男女関係は延々と疑問をもたらしていくんじゃないだろうか。
そもそも私は男の割合が8割強という観察天国にいるのに、どうして男を見る目が養われないのか。
自分の男の見る目の無さを正当化するために、理由をいくつか考えてみた。

まず1つ目。それは男の頭の中が仕事でいっぱいであること。
つまり仕事以外の視点では人となりがわからない、ということ。
もちろん、仕事上での人となりは手に取るようにわかる。
でもそれだけでは男を見る目は養われないし十分ではない。

では理由の2つ目。それは雑談の苦手な男性が多いということ。
理由の1つ目にも関係するけど、男性は一つの事にしか思考回路を動かせない。
生物学上仕方のないことではあるのだけど。
でも女は雑談の好きな生き物である。好き、というより必要であるといっていい。
雑談による情報交換は女が家庭を支え、子孫を育てる為の手段として昔から使ってきたツール。
そのツールが通用しない生き物こそ、男であると考える。
情報収集できない相手の世界は、想像と妄想とで作られる。
男を見る目、なんていうものはそもそも養うことが出来ないのかもしれない。

最後に理由の3つ目。そもそも見る「目」なんてものは存在しない、ということ。
こんな理由で正当化してしまうと必ず自分に痛いことは書かなくなるのが
自分の欠点であるのは重々承知しているが・・。
男も女もいろんな枠組みやいろんなレッテルを取り除けばただの生き物で、
生き物がパートナーを選ぶための条件に従っているだけだとすれば、
パートナーを見る目、というものは生まれたときに遺伝子に備わっていて
養ったり、視野を拡げたり、感情抜きで考えたり、なんてことは出来ないと考える。
人間だから情報が錯綜し、論点が多数生まれ、厄介この上ないことになる。

本能に従う、という意気込みや気合といった土台があれば
男を見る目がない、なんてことに悩まされることがなくなるのかもしれない。
相手を信じる強い気持ちを養いたい。自分の気持ちを再確認することが一番かもしれない。
[PR]
by dec5hiro | 2009-06-12 19:55 | Soliloquy
<< ターミネーター4       知的欲求 >>