S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
But you're so far away
by dec5hiro

言葉たち
ノートに書き溜めていた「好きな言葉たち」を
投稿という形で記事に残しておこうと思う。
(※昔から書き溜めていたので引用元不明。)

■知識は力である

■他人を責めるのが人間の本質である。
 責任を回避しようとするのが、基本的な自己防衛本能だ。
 ただし、自分の人生をコントロールしようと思うのであれば、
 責任を他に転嫁してはならない。

■曖昧な初期設定ほど、誤解と思い違い、すれ違いを生む

■しつけとは、自分の姿を美しくするために
 自分自身でその考え方に気付き、
 自ら身に着けていくもの

■世界の現実が見えない人の善意よりも、
 見える人の悪意のほうが、国民にはときに有益である。

■罪を犯した人間を許すのは相手の為ではない。
 許す相手の協力は必要ない。

■acknowledge means,
- admit
- recognize something's importance
- accept somebody's authority
- thank
- show you notice somebody
- say you have received something

■「人の気持ちがわかる」というのはテレパシーや魔法ではない。
 その事実が、好ましいのか好ましくないのか、
 多いのか少ないのか、
 様々な受け止め方・認知がある、ということを「わかる」こと。

■他者、過去は変えられない。
 しかし、自分が変わることで影響を与えることはできる。

■「鏡の法則」:自分の目の前の出来事、結果は自分が選択したものである。

■自分が真に望んでいる「もの」、「こと」を冷静に考えて、
 その為の表現を選択する。

■健全な懐疑主義には知識のupdateが必要。

■バランス感覚に欠けた専門のバカ

■他人の価値観に入り込む真剣さが、本当に心ある行為

■self-directing

■ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず

■wantsの有意義を説明できる反論

■モラルの低いモノ、考え方、人を冷笑するのではなく、
 その問題を問題として認識するモラルの高さが必要

■都度悲観せず、都度楽観しない

■無駄なことをやるのが無駄なら、悩むのも無駄だと気付くべし

■「物事を考える能力」と「情報が集積されていること」の
 双方が揃って正しく機能することがインテリジェンス

■人は絶望によって歩みを止めるのではなく
 恐怖によってうずくまる。
 人は希望によって歩み始めるのではなく、
 意思によって前に進む。

■認識した課題は超えられる。本当にわかっているなら、一瞬で。

■一人で生きていくことが自立なら、私は自立なんてしなくていい。

■テマヒマのかけ方こそ、「システム」である。

■「歳相応に見られない」とは、一般的に
 「この歳になればこれを失くしていて、これを得てないといけない」という
 誰かが決めた天秤に乗っていないだけ。

■大人っぽく見えるというのは、人より先に何かを失くしているということの表れ。

■子供は大人の「未完成品」ではない。

■死とは生の対極に存在する物ではなく、生の延長線上にあるもの。

■言葉には私の過去ばかりがあって、未来はどこにも見当たらない。

■終わりが見つからないのは、始まりを知らないからだ。
 信じることを日々疑い続けて、空だけが救いのように広々している。

■ルールは破られる為にあり、それが許されるのは、
 未来により良い状態を返せるという確信を個人の責任で引き受けるときだ。

■話し方は自信が物を言うのであり、最終的な責任を取るつもりで話をすれば、
 相応の話し方となり、相手は話を聞いてくれる。


これで心置きなく、新しいノートに乗り移ることが出来る。
[PR]
by dec5hiro | 2009-05-27 19:42 | Soliloquy
<< 全てを手に入れる       死ぬかと思った >>