S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
But you're so far away
by dec5hiro

他責世界からの脱却
弱いから責任を他に押し付けたくなる。本能的な逃避行動。
誰しも無意識のうちに自責ではなく他責であることを望む。
楽な道を選んだり、楽な方法で進んだり、楽な関係を続けたり
それらは全て、沢山の要因が重なり合って意思決定に至った結果ではあるけど
結局は自責であることを本当に、逃げずに認めなくてはならない。
この1年というもの、かなりいろんな本に(今まで以上にジャンルを広げて)向き合ってきたけど
ココ最近書かれた本のほとんどは「自分の人生は自分に責任がある」という結論のものが多く
昨日話した人とも結局その結論に話が至ってしまった。
例にも漏れず、私もやはり他責であることを無意識、いや意識的に望んでいる。
それを認めないと前に進めないのかもしれない。
楽な道だけではなく、時には凸凹で急な上り坂を進むべきときもあるのだろう。
誰も一緒に歩んでくれず、杖も無い時もあるのだろう。

他責であるということは、人生の責任を他に押し付けているということ。
押し付けるのは簡単だ。いとも簡単に、容易に、自分のチョイスが人の影響を受ける。
影響を受けたことを、また人のせいにしてしまうのも簡単だ。
ただ、勝手に責任を押し付けられた側としてはいい迷惑である。
勝手なことを、と言いたくなるだろう。
自分のチョイス、自分の人生、自分のミスは全て、自分に責任があるのである。
何も迷惑を買って出る人などいない。
だから、自分の意思を表明することも、自分の意思を表明しないことも全て
自分の責任なのである。
引いては自分の気持ちが相手に伝わらない、という結果も
思ったように相手が動いてくれない、という結果も
一人で過ごさなければいけなくなった金曜の夜も
急な雨に降られてびしょ濡れになったり、時間を無駄に過ごす休日も
すべての結果、すべての出来事は自分に責任があるのだ。

話さなければならない。
相手に伝わらないことは全て自分が選んだ結果の賜物だから。
相手との関係をこのままでよいと思うのであれば、それを続けるのも自分の責任。
相手との関係をよりよくしていきたい、だけど○○があるから、なんて言っていたら
また他責の世界へと逆戻り、せっかくのシフトチェンジがもったいない結果になる。
それで自分が自分の人生に納得できるのであればそれでよいのだろうが。
私はいやだ。
このまま、他責の世界で静かに物事が起きるのを待っているなんて
絶対に、そんな惨めな寂しい人生などは送りたくない。
もっと、心の中をシンプルでクリーンに、
そして自分の人生をより明るくしていくべきなのだ。
それが出来るのは、この人生を生きている、私というたった一人だけなのだ。
[PR]
by dec5hiro | 2009-04-25 11:52 | Soliloquy
<< 体臭(もらいネタ)       還元 >>