S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
But you're so far away
by dec5hiro

こげ茶の彼も、少しうす茶色になった彼もいつでも好きだ。
彼が時に火傷するように熱い時も、
時に冷たくされる時も、やっぱり彼のことが好きだと思う。
ただ、彼が私の大好きなカップに残すシミだけは好きになれない。
そして彼の匂いが好きだ。やっぱり朝の暖かい匂いが一番好きだ。
無言の私でも一緒にまどろんでくれる。なんて優しいんだろう。
思考が止まった時にも優しくフォローしてくれる。
眠い時にはじんわり起こしてくれる。

一人でいても、どこかのカフェに入っても、もちろん食事の後にも
彼はそばに来てくれて私を落ち着かせてくれる。
長いこと、彼と付き合ってきたけど、彼は私を飽きさせない。
私たちは恋に落ちてるんだろうと思う、心から。

今日は最近ヘビーバイヤーになってしまった駅近のマックで
彼と会って、そのまま一緒に部屋に帰ってきました。
今は隣でjazzを聴きながら、日曜の午後をまどろんでいます。
[PR]
by dec5hiro | 2009-05-31 14:48 | Soliloquy
<< 彼女の幸せ       全てを手に入れる >>