S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
But you're so far away
by dec5hiro

方法
秋。
秋が来るために雨が降る。
その寒さが肌に染み付いたかと思う頃に冬になる。
この季節がhiroは大好き。好きすぎて今日は本当にうれしかった。
うまく言葉が浮かばない。
あたしはこの季節に一人でも生きていけるって
何かが心の中で支えてくれてる。

だからといって、本当に一人だと、
歩けなくなるくせに、なんて強がりなんだろうと思う。
人は支えてもらっていることを気付かずに日々過ごす。
その支えがなくなって初めて、その大きさに気付く。
健康や大事な人と同じ。失くして初めて気付くもの。
あたしにとってその支えがなんなのか、
強がりなあたしは、それさえも言葉にしたくない。

大事に思える人がいるというのは、支えだと思う。
それを心に隠し持ってるあたしは、秘密主義だろうか。
あたしのことを、もし大事に思ってくれているなら、
その人はどんな方法でそれをあたしに伝えてくれるだろう。
あたしは、どんな方法でそれを伝えてほしいだろう。
あたしは、どんな方法でそれを伝えられるだろう。

この寒い季節に、手を温めてあげられること?
冷たくなる体に、暖かい食事を出してあげられること?
必然と寂しくなる帰りを、家で待ってあげられること?

今、あたしが出来るのはそんなたいそうな事じゃないと
わかってるけども、
あたしはいつもこの大事な人の味方だ。
それが、あたしが思いつく、「方法」。

秋が来る。寒い秋がくる。
秋が冬になって、春と夏が終わってまた、秋が来ても
こんな気持ちを持っていられると良いな。
[PR]
by dec5hiro | 2008-09-29 21:45 | Soliloquy
<< 寄生虫の飼い方       結婚と付き合いとタイミングについて >>