S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
But you're so far away
by dec5hiro

personal gap day
今日は、久しぶりに同期の友達で取手に住んでる子とランチした。
久しぶりすぎて近況報告に時間がかかってしまって
あっという間に夕方になってしまったのだけど
その近況報告の中で、ものすごくびっくりした発見があったので
忘れないうちにそれを記事にして残そうと思います。

世間一般では意外にも、ドラマみたいな
「ずっと一緒にいようね」とかいう、甘い言葉が
結構使われてる、という事実(?)。
hiroには、今までこんな甘い言葉を普通にかけてくれる人なんていなかった。
今日ずっと話してた友達は、今まで付き合ってきた人と
そういう話をしなかったことはない、と言ってた。
驚きとともに、とにかくうらやましく感じた。
hiroはそんなに想われたことがないのかもしれない。
hiroはそこまで必要とされない人間なのかもしれない。
 ・・・ちょっと言い過ぎかもしれないけど。
でも。今まで付き合った人と、そんな風に未来を約束するような
意図のある言葉は、(本当に意図がなかったとしても)
聞いたこともないし、言われたこともない。
本当に驚いたし、本当に心からうらやましいと思った。

熊本のように閉鎖的な空間に居ると、どうしても自分の気持ちを話さなくなる気がする。
「以心伝心」ていうのは、日本独特の考え方だけど
その中でも、田舎に行けば行くほどその傾向が強い気がする。
自分の気持ちは口に出さなくても相手には伝わっている(だろう)というのが
hiroにとっても、今まで付き合ってた相手にとっても、たぶん
暗黙の了解のようなもので、
必要であれば口に出して伝える努力をしただろうけど
その必要性がなかったために今まで伝えることもなかったし
逆に言えば、hiroにもその必要性を感じなかった人たちだったからこそ
hiroがその言葉を聞くことが今まで一度もなかったのだろうと思う。
いつも一緒に居ることで、相手の動きだったり表情だったりで
その時の気持ちの動向がなんとなくわかる、というのはあるだろうけど
自分の本当の気持ちを声に出して相手に伝えると言うことは
思った以上に難しく、思っている以上に重要なことなのかもしれない。

そして、hiroの知らない世間一般ではこの事は周知の事実で
「どんなに傍から見たら甘すぎるような言葉でも
必要であればそれを声に出して伝えるのが普通」というのが
大発見だったし、パーソナルギャップだった。
そんなにも、世の中はオープンマインドなんだろうか。不思議。
「みんな白けた顔してるけど、本当はそんなこと平気で口にしてるんだよ」と
hiroが知らなかったことを逆に驚いたように友達は笑って教えてくれた。
これまでの23年間、hiroは必要最低限以下のコミュニケーションしか
できていなかったのかもしれないと思うと
眠れないほどの恐怖と不安が襲ってくる。
[PR]
by dec5hiro | 2008-08-13 01:20 | Soliloquy
<< 都合のいい女       オリンピック >>