S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
But you're so far away
by dec5hiro

忠犬
相手のことをいくら信じていようと、
嫉妬の無い恋愛なんてありえないと思う。
嫉妬がなくなるなんて、もっともっと先の話のような気がする。
男も女も相手のことをどれだけ信じていても
嫉妬ってするんじゃないかな。
思っていても。どんなに相手のことを信じていても。

こうして日付が変わってしまうかもしれないときに
hiroは本当に愚かなジェラシーが心を暗くさせていく。
こんな風に考えてもどうしようもないのに。
あの人は仕事人間だから、仕事を頑張ってるんだって
あたしは出来るだけ、その頑張りを支えていたいんだって
そしてあの人の言葉や行動に表れている、hiroを大事に思ってくれる気持ちを
信じようって、そう強く思っているのに
なんで、こうなんだろう。
なんで、信じられないほど心配なんだろう。
嫉妬というより、心配。
「お前なんかもう要らない」「お前が居なくなるほうがいい」って
言われちゃうんじゃないかって。
あたしが思うほど、物事ってタイミングよく運ばないんじゃないかって
あたしが思うほど、あの人は仕事人間じゃないのかもしれないって
途方も無い、答えなんてホントはどうだっていいようなことを
考えて考えてグルグルグルグル・・・・
体調が悪くなるのはしょうがないのかもしれない。。

こうして日付が変わってしまうかもしれないときに
あの人はひとつ年を取るっていうのに
どこにいるんだろう。何をしてるんだろう。まだ帰らないのかな。
やっぱり、一緒にいすぎてるんじゃないか、とか
やっぱり、あたしじゃ埋められない何かがあるんじゃないか、とか
やっぱり、やっぱり・・
考えすぎ。
考えすぎ。
考えすぎってわかってるけど考えてしまう。
馬鹿みたい。

フテ寝するかな。
でもあと10分だけ、起きて待ってみよう。
あー、もう。あたしってホントに強がり。馬鹿みたい。
馬鹿みたい。バカみたい。こんなの、ホントにバカみたい。。。
飼い犬じゃないんだから・・・・・・
この辺で近すぎになった距離を離すべきなのかな。
んでも「一緒にいたいって思えて、そんで一緒にいれるんであれば、
一緒にいればいい」って言ってくれた友達の言葉を信じよう。
・・・なんで友達の言葉はすんなり信じられるんだ。。。
あの人のことを信じてるって思っててもこんなに不安なくせに。

気になるんだったら、そういうべき。
あの人がもらったペンのことや。
日帰りの帰省も。どうだったかなんて、聞けずに居るくせに。
そのほか、気になってて聞けてないことがちょっとずつ溜まってきて
そのうち、表面張力が耐え切れなくなって
ほんの一滴で沢山のストレスが溢れてしまうかもしれない。

あたしって、ホントにバカだなー。
つくづく、忠犬タイプだと思うな。。
野良猫タイプではない、、、。はぁ。
野良猫だったらもっと気楽に世の中渡っていけるんだろうか。
[PR]
by dec5hiro | 2008-05-07 23:55 | Soliloquy
<< 人を待つ       あるスキャンダルの覚書 >>