S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
But you're so far away
by dec5hiro

光陰矢の如し
とにかく毎日がひたすら過ぎていきます。
あまりにも早すぎだと嘆きたくもなる。
でも、誰に訴えたらいいのかわかんないし、
実際の所、
時間だけはすべての人に平等だと思う。

毎日、仕事に追われてる東京の働く社会人は、
なにを信じながら前に進んでるんだろう。
昨日もらったお母さんのメールや
甘噛みされたことや、
腹の中でなに考えてるのかわかんない人たちを思うと
人を信じるのが怖いという結論に至ってしまって、
昨日はしっかり眠れなかった。

人を信じようと思うだけで恐怖を感じてしまうhiroって、
異常?


反面教師になる人がいるってのは、
幸せなのかな、
不幸なのかな。

答えのない世の中だね。
なにを考えても、納得できる答えなんて
そう簡単に出てこない。
むしろ、簡単にでるような答えは
小学校で覚えてしまったから
今のhiroには考える必要のないもの。
納得する答えなんて、
本当にあるのかな。

物事の本質を見極めたいと思って、
心と目を開いて耳を傾けてるつもりなのに
求める本質は
形すら見せようとしない。

未来に対して盲目すぎるこの目が憎い。
[PR]
by dec5hiro | 2007-09-27 20:05 | Soliloquy
<< 靴       平静を装える女 >>