S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
But you're so far away
by dec5hiro

お金の価値観
人はそれぞれ、違った価値観を持っている。
人生観、恋愛観、信仰、金銭感覚、美意識、興味関心。
どれもが違っていて、それが人間なんだとも思う。
価値観の違いを否定したり拒否することは、結局人を認めないことだと思う。
自分と違うからと言う理由だけで拒絶することは
詰まる所、差別意識が根にあると考えてもいいのだろうか。

今日、とある人と話していて、自分とのお金の価値観が全く違うと言うことに気づかされた。
長い付き合いになるその人は最近新たな目標に向かって
今までの道から違う道へと方向転換をした。
今まで来た道では大きな成果を残しはしたが、納得できない所があったのだそうだ。
その人はとても努力家であり、勉強家でもある。
人と接し、上手に付き合っていくことが出来るので顔も広い。
しかし、お伊達に乗せられやすいのだろうか。
色々話を聞いてみると、方向転換をしたのはお金を貯めねばならないからだという。
なぜ今まで貯まらなかったのかと聞くと、「わからない」という答えが返ってきた。
つまり、自分のお金の使い方をその人はあまり気にしていないということである。
気にしないと何が恐ろしいか。
特にお金の使い方を考えない人の金銭感覚では、自己破綻に陥りやすいと思う。
熊本県は自己破産率が日本で第1位だと聞いたことがある。
つまりは、カードを使って大量に借金をしてしまう人が多くいるということだろう。
その人は熊本県民なので、お金の使い方には注意が必要だということだ。

だが、どこまで口を出すべきだろうか。
他人の金銭感覚に口を出すと言うことは、その人を認めないと言うこと?
自分はこんな風にはならない、というような差別意識が眠っているような気がした。
結局その人と金銭感覚の違いについて議論することはなかった。
プライドが高い人に説教が出来るような生き方が自分に出来ている気がしなかった。

人は他人の行いをどこまで戒めるべきか。
自分と価値観のズレがある他人に、どこまで口を出していいものか。
他人の行いから学ぶだけ?それとも??
[PR]
by dec5hiro | 2007-02-09 22:23 | Soliloquy
<< 硫黄島からの手紙       本に囲まれています。 >>