S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
But you're so far away
by dec5hiro

営業に不向きのわけ
持ち上げられたい人種と、持ち上げるのが上手な人種。
それに持ち上げる人を見てる人種と、持ち上げ業界に興味のない人種といる。
それから持ち上げ業界に嫌悪感を抱く人種も。

持ち上げ業界の世界はどこにでも存在する。
それが必要なのか不必要なのかは別として。

よく「必要性について」は記事にしたけど、
なんで「必要性」について考えるようになったのか。
「必要だ」という意味がなければ行動に移すこともない。
「必要だ」という気持ちがないならそもそも考えることすら必要ではないかも。
「必要性」というのは、人それぞれ違うから、
違う捉え方をすると「価値観」という言葉に当てはまってしまうかもしれない。
世の中にいる全ての人が違った「価値観」を持ってるからこそ
そのことについて考える「必要性がある」とhiroは思ったわけであります。

そこで、今日の話。
持ち上げ業界の話。
どんなに持ち上げたくなくても、持ち上げる「必要性」があれば持ち上げる。
その「必要性」は人それぞれ違うから、
持ち上げない人種を見て機嫌を損ねる持ち上げ職人もいるし
他人のことは構わずにとにかく持ち上げる人種もいる。
持ちあげを心から純粋な気持ちでやってる人なんているんだろうか。

持ち上げ業務に関して言うと、これは必ずしも全てがそうとは考えられないケド
だいたいにおいて、なんらかの利益が生じると思われる。
その利益が「必要」だからこそ、持ち上げ業務を盛んに行う人種がいるし、
そんな利益を好まない人はきっと、持ち上げ業務に興味が無かったり
それこそ嫌悪感を抱いたりするんだと思う。

どちらかと言うと自分の気持ちに正直でいたいhiroは
気持ちに反する行動というのは気が引けるし、
それにそういう言動をした時は表情に出てしまうから自分に嘘がつけない。
でもhiroの周りには「必要性」は感じなくても持ち上げられる人がいる。
珍しくない人種なのかもしれないけど、hiroにはマネ出来ない。
hiroが営業に不向きと診断されたのはそのせいなんだろう。
[PR]
by dec5hiro | 2007-01-21 23:10 | Soliloquy
<< 東国原英夫知事       センター試験 >>