S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
But you're so far away
by dec5hiro

睡眠の怖さ
人間、眠れるときはとにかく眠れるモンなのだろうか。

今日は12月24日。
世間はクリスマス・イブである。
キリストさまが生まれる前の日。
世の中の沢山の人が、本質の部分を祝ったり、
イベントに任せて浮かれているんだろうか。

hiroは昨日、24時半には就寝したと思う。
健康のために、眠ろうと思った。
今日は、とにかく緩んでいたらしい。
起床したのは11時。あと1時間しか午前中が残っていない。
それから、ご飯を食べて(何ご飯なんだ。)12時まで新聞を読んで
ちょっとダケ大掃除のお手伝いをした。
大掃除とまではいかないかもしれないけど…。
それから、親がお昼を食べる時間に(確か2時くらい)
一緒につまませてもらい、なぜかそのままコタツの温かさに誘われてしまい、
あれほど眠ったというのにまた就寝。

目が覚めるともう夕方。
家には誰もいない。買い物に出たらしい。
hiroは人ごみがとっても苦手な方なので家が楽でいいんだけど。
でもとりあえず、家族全員に「おはよう」とメールでご挨拶。
姉に「何もしなくていいよ、コタツでゴロゴロしてていいよ」と言われ
それからは無気力のままコタツでホントにゴロゴロ。

みんなが帰ってから夕飯。
こんなに活動してないというのに、ご飯は多少入ってしまうのが恐ろしい。

今日は何時に寝付けるかすら定かではない。
睡眠は怖い。生活が変わってしまいそうだ。
[PR]
by dec5hiro | 2006-12-24 22:57 | Soliloquy
<< 食後のガム       卒業論文発表会 >>