S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
But you're so far away
by dec5hiro

卒業論文発表会
朝の6時半に起きて、早くから研究室へと急ぎました。
最終確認をして、会場へ。
昨日のリハーサルと違って、人が沢山いるせいか、心臓がドキドキ。
お昼までには終わってると思っても、ドキドキドキドキ…。
知り合いの友達が発表しているのも、自分のコトのようにドキドキ。
先生たちの厳しい質問とかにもドキドキ。
でも会場のイスがとにかく堅くてお尻が痛い。
手がとにかく冷たいし、窓際だったせいか寒い。

結構長い時間待たされたような気がするけど、
早くもhiroの順番が来てしまった。
マイク付けてる瞬間には心臓のドキドキが尋常ではなかったです。
出だしのプレゼンからは何のミスもなく、順調だったんだけど
デモに移ってから、予期しなかったバグが発生。
見ている人には、イキナリ何が起ったかわからなかったんだろうなぁ…。
どうしようもなくて、とにかくその場で取り繕いましたが…。
冷や汗と緊張とドキドキとで、先生の厳しい質問にどう答えてたのかあまり覚えてないほど。
こんなんじゃイカン。

とは思ったものの、終わってからはとりあえず一安心。
落ち着いてお昼も食べれたし、午後の発表は楽しめました。
表彰までの時間が結構長く感じてしまって、
またもお尻が痛かったり、寒かったり、今度は眠かったりと大変でした。
でも表彰が終わって、一度帰宅してから打ち上げへ参加。
ところが打ち上げの始まりの時に、先生が「ちょっとサプライズがあります」って。
なんと「集計の確認ミスで発表賞を○○(hiroの苗字)サンがもらってました」
とのこと。
集計担当の先生が副査の先生だったんだけど、ウチの先生曰く、
「とにかくゴメンって先生言ってたよ」。

いきなりのサプライズで本当にビックリだったんだけど、すごく嬉しかった。
まだホントかどうかちょっと信じられてなかったりするんだけどw
でも先生が「月曜には賞状が届くから」って言ってたから信じてみようかな…。
ビックリの締めくくりでした。
こっそり、喜びを伝えたくなっちゃいました。
エヘヘ。
[PR]
by dec5hiro | 2006-12-23 23:19 | Soliloquy
<< 睡眠の怖さ       使うか、貯めるか。 >>