S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
But you're so far away
by dec5hiro

柔らかな頬
無計画に文庫本を買う時は、いつも表紙に目を奪われてしまった時だ。
もちろん、裏の解説を読み、内容に惹かれて買う時もあるが、
hiroが文庫本を手に取る最大のポイントは表紙だ。
今回の『柔らかな頬』もその表紙の第一印象が何とも意味有り気だった。

愛人の為なら子供を捨ててもイイと思っていた翌日、娘が失踪してしまうというストーリー。
ミステリーのような後味。しかしラストは生温い。
主人公の性格がストーリーを少し歪めたり暈したりする所が面白い。
またさほど多くない関係者の微細な言動によって、全員が犯人になりうる。
読む者の心の中に、追求できない溝を残す。
そして、絶望の先を追求する者が隠す苦しみや喘ぎが、本書の旨みだと思う。

完璧なミステリーではないところが突っ込み所になりやすいのではという感じ。
何年経ってもモヤモヤしたものが残ると思わずにはいられない。

探してみると結構スグHITしてくれた。
柔らかな頬』(2001年)
映像の方も一度観てみようかな。
[PR]
by dec5hiro | 2006-11-28 21:42 | Soliloquy
<< 親知らず パート2       手荒れ >>