S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
But you're so far away
by dec5hiro

自尊心
Self Respect/Pride
プライド。セルフリスペクト。
自尊心。
自尊心(じそんしん)

一般的には、他人から干渉されず他者から受け入れられ、
自分を高く評価しようとする感情ないし態度のことであるが、
心理学ではself-esteemの訳語として用いられ、
自己評価、自己価値、自己尊重、自尊感情などの訳語も使われている。

たいていの人は、自分が他人から受け入れられ、
また自分の存在を価値あるものとして
肯定したい願望を意識的、無意識的にもっている。
これが自尊心にほかならないが、その起源は、
ほとんどの両親が自分の子供に与える好意的評価のうちにあるとみなされる。

子供たちは、こうした価値づけを全面的あるいは部分的に受け入れ、
それ以後の経験と評価をそれに一致させようとするわけである。
したがって、幼少時に両親が子供に頻繁に否定的な評価を与えれば、
子供は自分自身に対するこの見方をのちのちまで受け入れてしまい、
自分をだめな人間と決め込んでしまう自尊心の低い者になる場合も生じる。

---

社会的自尊心の欠如。欠如というより欠落?欠損?
私に落ち度があったのだろうか。
小学校の時も、中学校のときも。
何もかも、私のせいだったんだろうか。
あんなに苦しい思いをどうして続けようと思えたのだろう。

親にとっていい子でいなければいけなかったから?
覚えているのはわずかだけど、大量に薬を飲めば死ねるんじゃないかと
本気で薬を大量に飲もうと思ったことはある。
手に取った。そこからは覚えてない。
大泣きした気がせんでもない。

死んだら親に迷惑がかかると、それが嫌で自殺できなかった。
小学校に通うことも、バレー部を続けたことも、いじめを告白しなかったのも、
全部親のためだった気がしなくもない。
少年期を楽しんでたとは到底思えない。本当はしんどかった。
人生は駆け引きの連続。駆け引きのループ。裏切りと嘘。

人生は自分のために生きていいと心から思えるようになるには、
まだまだ時間がかかりそう。
自分の思いを大事にすれば、
こんな風に後悔することはなかったんだろうか。
親に「やさしい」と言わさしめる理由は、
自分を殺して相手を生かすことに慣れたから。
それを「やさしい」としか感じ取れない親だということか、
それともそういう子供に育って欲しかったのか。

成長過程で必然的に自分の立場に立つことを覚えられなかった人間は
成人後にその技術を会得できるんだろうか。
自らの言葉を大事にする術を身につけられるんだろうか。
[PR]
by dec5hiro | 2010-06-20 11:29 | Soliloquy
<< 理想論       閉ざされた世界で前提を問う。 >>